その瞬間

大怪我をして6年、本当に長いことかかってやっと以前のグレードでの快心のクライミングができた

「壁を見て、一番カッコいいルートに登る」

それが私自身のフリークライミングのルートの選び方

自分でオンサイトして、ムーブを考えて、仲間のクライミングを見て話しして、自分に合うか照らし合わせてやってみる。つめては落ちて、またつめては落ちても自分で工夫して登る そして、諦めなければ、いつかその瞬間はくる

終了点に立った時の気持ち

それはいつも穏やかな感謝の気持ちが達成感よりも先に来る

それが俺にとっての楽しいクライミング

そういうかっちょいいクライマーたくさん見てきてるし、周りにもたくさんいる。

もっとうまければあっという間なんだど、、、っていつも思うけどね。

お付き合い頂いた皆さんありがとう🤙 まだこれからももっと登るので、よろしくね〜

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください